【Python】リストの要素数を取得したり抽出したりする方法

python リスト 要素数 抽出

この記事ではPythonでリストの要素数を取得したり
抽出したりする方法についてわかりやすく解説します。

リストを追加したり結合したりする方法については
こちらの記事で詳しく解説しています。

では本題に入っていきましょう。

スポンサードリンク




【Python】リストの要素数を取得する方法

Pythonでリストの要素数を取得する場合、
len()という組み込み関数を使います。

例題をやってみた方が理解しやすいと思います。
なので、例題1をやってみましょう。

#例題1

a = [100,200,300,400,500]
b = len(a)

print(b)

例題1ではリストaの中に
5つの要素が入っています。

5つの要素とは
[100,200,300,400,500]の5つのことです。

そしてリストaをlenの中に入れると
リストaの要素数(5)を取得することができます。

それから、bに要素数(5)が代入され
print文で表示されます。

したがって例題1を実行すると
5と表示されます。

python リスト 要素数 抽出

len関数は例題1のような数字だけでなく
文字列の要素数も取得することができます。

例題2をやってみましょう。

#例題2

a = ['女子更衣室','立ち入り禁止','事故物件']
b = len(a)

print(b)

上記のように文字列なら
[]の中にシングルクオーテーションで囲うようにしてください。
‘事故物件’みたいな感じで。

‘女子更衣室’,’立ち入り禁止’,’事故物件’
と3つの文字列がありますね。

なので実行すると
3が表示されます。

len関数

スポンサードリンク




【python】各要素の出現個数を調べる方法

さっそく例題3をやっていきましょう。

#例題3

a = ['女子更衣室','男子更衣室','女子更衣室','更衣室','女子更衣室','女子更衣室']
b = a.count('女子更衣室')

print(b)

各要素といっているのは例題3では
・女子更衣室(4つある)
・男子更衣室(1つある)
・更衣室(1つある)

です。

で、各要素の出現個数を調べるには
countを使います。

b = a.count('女子更衣室')

と言った感じで使います。

aに入っている『女子更衣室』の出現個数の数を
表示させることができます。

実行すると

女子更衣室

となります。

#例題4

a = ['女子更衣室','男子更衣室','女子更衣室','更衣室','女子更衣室','女子更衣室']
b = a.count('男子更衣室')

print(b)

男子更衣室は1つしかありません。

なので実行すると『1』と表示されます。

count

よろしいでしょうか?

こんな感じでリストの要素数全体を取得したいなら
lenを、リスト内の特定の要素数だけを取得したいならcountを
使用することで、目的を達成することができます。

スポンサードリンク




【Python】リスト内の必要な要素を抽出する方法

リスト内の必要な要素を抽出する方法について解説します。

まず例題6を一緒にやっていきましょう。

#例題6 

a = [{'place': '女子更衣室', 'ninzu': 25}, 
     {'place': '男子更衣室', 'ninzu': 20},
     {'place': 'トイレ', 'ninzu': 30}]
b = [e.get('place')for e in a]

print(b)

リストの中でも場所(place)に関係する要素だけを
抽出してみましょう。

getを使うことで実現することができます。

ここですね。

b = [e.get('place')for e in a]

『in a』
は、『リストaの中に』という意味です。

なので

b = [e.get('place')for e in a]

は、『リストaの中にplaceに関係するものを抽出しなさい』
という意味になります。

したがって、実行すると
[‘女子更衣室’, ‘男子更衣室’, ‘トイレ’]
となります。

get関数



【Python】リストに目的の要素が入っているか確認する方法

リストaの中に『男子更衣室』が入ってたかな?
と思ったら、『in』を使うことで目的を達成することができます。

実際にやってみましょう。

#例題7

a = ['女子更衣室','男子更衣室','女子更衣室','更衣室','女子更衣室','女子更衣室']
b = '男子更衣室' in a

print(b)

実際に『男子更衣室』という要素が
リストaに入っていればTrueを
入っていなければFalseを返します。

例題7ではリストaの中に『男子更衣室』という要素が入っているので
実行するとTrueが返ってきます。

in

では例題8がどうでしょう?
Trueが返ってくるでしょうか、
それともFalseが返ってくるでしょうか?

#例題8

a = ['女子更衣室','男子更衣室','女子更衣室','更衣室','女子更衣室','女子更衣室']
b = '男子トイレ' in a

print(b)

男子トイレがリストaに入っているならTrueを
リストaに入ってないならFalseが返ってきます。

で、リストaには『男子トイレ』が入っていません。
したがって実行するとFalseが返ってきます。

in

リストの中にリストを入れる方法

今度はリストの中にリストを入れてみましょう。

例題8をご覧ください。

#例題8

a = ['女子更衣室','男子更衣室','更衣室','女子更衣室']
b = ['男子トイレ','女子トイレ','共用トイレ']
c = [a,b]

print(c)

リストaとリストbは
今までの解説でわかっていただけると思います。

例題8ではさらにリストcの中に
リストaとリストbを入れました。

実行すると

[[‘女子更衣室’, ‘男子更衣室’, ‘更衣室’, ‘女子更衣室’], [‘男子トイレ’, ‘女子トイレ’, ‘共用トイレ’]]
となります。

リストの中にリストを入れる

今度は例題8に入っているリスト内の要素を
例題9で抽出してみましょう。

ここでは『更衣室』だけを抽出して見せますね。

#例題9

a = ['女子更衣室','男子更衣室','更衣室','女子更衣室']
b = ['男子トイレ','女子トイレ','共用トイレ']
c = [a,b]

d = c[0][2]

print(d)

ここが抽出のポイントです。

d = c[0][2]

c[0]の部分は

c = [a,b]

でいうところの左から1番目という意味です。
なのでリストaが該当します。

それからc[0][2]の[2]は
リストaの中の左から3番目という意味です。

[2]は0,1,2,・・・となるので
左から3番目を意味します。

したがってリストaの左から3番目ということです。

リストaは
a = [‘女子更衣室’,’男子更衣室’,’更衣室’,’女子更衣室’]
なので、左から3番目は『更衣室』が該当します。

なので実行すると
『更衣室』と表示されますね。

抽出

今回の記事は以上になります。

もっとリストについて学んでみたい方は
こちらの記事をご覧ください。

pythonを学ぶならこちらの動画講座がおすすめです

Python 3 入門 + 応用 +アメリカのシリコンバレー流コードスタイルを学び、実践的なアプリ開発の準備をする

かなり長い講座名ですね。
わかりにくそうな感じがします。

ですが、pythonの基礎からしっかりとわかりやすく教えてくれます。

また、きれいなコードを書くための方法についても
教えてくれるので、周りが「どうやってそんなコードを書いてるの?」
とびっくりされるようになるかもしれません。

それからWebアプリケーション開発の基本的なテクニックについても
教えてくれます。

なので、pythonを使ってwebアプリケーションを作ってみようと
思っている方にもおすすめです。

値段は時期によって違います。

詳しくはこちらをご覧ください。


みんなのAI講座 ゼロからPythonで学ぶ人工知能と機械学習

この講座ではまずpythonの基礎を学びます。
次に人工知能について学んでいきます。

そして最終的にはpythonを使って文字認識や株価分析ができるような技術力が身につくようになっています。

単純に教科書的なpythonを学ぶのではなく
仕事でも使えるスキルを身につけたい方におすすめの講座です。

なのに値段は恐ろしいほど安いです。
時期によって値段は変動するので
詳しくはこちらをご覧ください。


Pythonで機械学習:scikit-learnで学ぶ識別入門

この動画講座は広島大学准教授の先生が担当しています。
機械学習が専門の先生です。

すごく深い知識が身につきます。
大学の先生の講義って難しそうってイメージがあるかもしれません。

でもそんなことはありません。
すごくわかりやすいです。

pythonで機械学習のスキルを身につけたい方におすすめです。
値段は時期によって違いますが、かなり、良心的な価格になっています。

詳しくはこちらをご覧ください。

関連記事

ページ上部へ戻る