【Python入門】辞書をforループで処理する方法

python クロージャ

この記事では辞書をforループで処理する方法について
解説していきます。

その前にもし辞書とは?とかfor文とは?ついて
もう少し詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。
辞書とは?
【Python】for文の書き方を誰でもわかるように解説

それでは本題に入っていきましょう。

スポンサードリンク




【Python】辞書をforループでkeyだけ表示させる方法

python 辞書 for

まず例題1をご覧ください。

#例題1

a = {'ppp': 15, 'qqq': 40}
for b in a:
    print(b)

例題1のように’ppp’: 15, ‘qqq’: 40という情報が入った辞書を
変数aに代入しています。

で、変数aの辞書内容をforループでまわしています。

実行すると

ppp
qqq

という結果となります。

ちなみに例題1で

a = {'ppp': 15, 'qqq': 40}

となっていますが、pppやqqqをkeyといい、
15や40をvalueといいます。

例題1の記述では実行してもkeyだけが表示され
valueは表示されません。

ではどうすればvalueも表示させることが
できるのでしょうか?

スポンサードリンク




【Python】辞書をforループでvalueも表示させる方法

辞書にはメソッドとしてitems()があります。
items()メソッドを使うことでvalueの値も表示させることができます。

ではitems()メソッドを使った例題2をみていきましょう。

#例題2

a = {'ppp': 15, 'qqq': 40}
for b, c in a.items():
    print(b, c)

例題2は

for b, c in a.items():

とitems()メソッドを利用しています。

これにより、pppとqqqというkeyはbに入り
15と40というvalueはcに入るようになります。

そして

print(b, c)

によって、b,cに入ったkeyとvalueがそれぞれ
表示されるようになります。

例題2を実行すると

ppp 15
qqq 40

と表示されます。

スポンサードリンク




【Python】辞書にあるitems()メソッドについて

先ほど使ってみたitems()メソッドですが
何を返しているのでしょう?

例題3をご覧ください。

#例題3

a = {'ppp': 15, 'qqq': 40}
print(a.items())

例題3を実行すると

dict_items([(‘ppp’, 15), (‘qqq’, 40)])

と表示されます。

このようにリストの中にタプルの形になって
keyとvalueが入っています。

ちなみにタプルは()でくくられるものをいって
リストは[]でくくられるものをいいます。

つまり(‘ppp’, 15)や(‘qqq’, 40)はタプルで
[(‘ppp’, 15), (‘qqq’, 40)]はリストです。

リストとタプルは同じようにカッコでくくっていますけど
効果・効能は違います。

タプルやリストについてはこちらの記事で詳しく解説しています。
【Python】タプルとは?リストとタプルの違いについても解説
【Python】タプルを使う3つのメリットとリストとの違い

以上で解説を終わります。

pythonを学ぶならこちらの動画講座がおすすめです

Python 3 入門 + 応用 +アメリカのシリコンバレー流コードスタイルを学び、実践的なアプリ開発の準備をする

かなり長い講座名ですね。
わかりにくそうな感じがします。

ですが、pythonの基礎からしっかりとわかりやすく教えてくれます。

また、きれいなコードを書くための方法についても
教えてくれるので、周りが「どうやってそんなコードを書いてるの?」
とびっくりされるようになるかもしれません。

それからWebアプリケーション開発の基本的なテクニックについても
教えてくれます。

なので、pythonを使ってwebアプリケーションを作ってみようと
思っている方にもおすすめです。

値段は時期によって違います。

詳しくはこちらをご覧ください。


みんなのAI講座 ゼロからPythonで学ぶ人工知能と機械学習

この講座ではまずpythonの基礎を学びます。
次に人工知能について学んでいきます。

そして最終的にはpythonを使って文字認識や株価分析ができるような技術力が身につくようになっています。

単純に教科書的なpythonを学ぶのではなく
仕事でも使えるスキルを身につけたい方におすすめの講座です。

なのに値段は恐ろしいほど安いです。
時期によって値段は変動するので
詳しくはこちらをご覧ください。


Pythonで機械学習:scikit-learnで学ぶ識別入門

この動画講座は広島大学准教授の先生が担当しています。
機械学習が専門の先生です。

すごく深い知識が身につきます。
大学の先生の講義って難しそうってイメージがあるかもしれません。

でもそんなことはありません。
すごくわかりやすいです。

pythonで機械学習のスキルを身につけたい方におすすめです。
値段は時期によって違いますが、かなり、良心的な価格になっています。

詳しくはこちらをご覧ください。

関連記事

ページ上部へ戻る