関数定義についてPython初心者にもわかるように解説

python 関数定義

この記事では関数定義についてPython初心者にもわかりやすく解説していきます。

スポンサードリンク




【Python入門】関数定義について

python 関数定義

それでは関数定義について解説していきますね。

まず例題1をご覧ください。

#例題1(関数定義)
def anger():
    print('仲間外れにされ無視された。')
anger()

で、

def anger():

のような感じでdefと記述した次の文字、
たとえば例題1ではanger()が関数です。

defを記述することで関数を定義することができるんです。
これが関数定義になります。

そして例題1を実行すると

仲間外れにされ無視された。

と表示されます。

これは

def anger():

と記述した次の、

    print('仲間外れにされ無視された。')

によって、anger()という関数は

    print('仲間外れにされ無視された。')

を実行するためのものと定義されたんです。

なので、その次の

anger()

によって、anger()という関数が呼び出され実行され
結果、

仲間外れにされ無視された。

と表示されました。

スポンサードリンク




【Python入門】関数定義失敗例その1

#例題2(関数定義)

anger()

def anger():
    print('仲間外れにされ無視された。')

例題2では

anger()

def anger():

といった感じで、defでanger()関数を定義する前に
anger()を記述していますね。

関数を定義する前に関数を実行しても
エラーになってしまいます。

実際に実行すると

—————————————————————————
NameError Traceback (most recent call last)
in ()
1 #例題2(関数定義)
2
—-> 3 anger()
4
5 def anger():

NameError: name ‘anger’ is not defined

と表示されます。
まだanger()が定義されていませんよ
と言われてしまっているんですね。

つまり

仲間外れにされ無視された。

と表示されないわけですね。

Pythonは上からスクリプトを読み取っていきますので
まず、defで関数を定義してから
実行したい関数を呼び出す必要があります。

スポンサードリンク




【Python入門】関数定義失敗例その2

それから例題3をご覧ください。

#例題3(関数定義)

def anger():
    print('仲間外れにされ無視された。')

anger

と、最後の関数の実行のところで
本来、anger()と()が必要なところ、
angerと()がない形になっています。

関数は()がないと関数として機能しません。
しかも()がないとPython的には変数扱いされる可能性があります。

「変数って何?」という場合には
こちらの記事をご覧ください。
Pythonの変数宣言で注意すべきこと

話を元に戻して例題3を実行すると

と表示されます。

【Python入門】関数定義と返り値

返り値を使って例題1にように

仲間外れにされ無視された。

と表示させることもできます。

例題4をご覧ください。

#例題4

def anger():
    a = '仲間外れにされ無視された。'
    return a

result = anger()
print(result)

例題4ではまず

def anger():
    a = '仲間外れにされ無視された。'

def anger():
としてanger()という関数を定義した後に
aという変数を宣言しています。

変数aに『仲間外れにされ無視された』という文字列を代入しています。
そしてこの変数aを返したいわけです。

その場合、returnを使います。

    return a

これにより、
a = ‘仲間外れにされ無視された。’
を関数で返してくれるようになるんですね。

なので

result = anger()

anger()に返してくれた情報がresultに入ります。
最終的に

print(result)

resultに入った『仲間外れにされ無視された』が
print文によって表示されるわけですね。

実行すると

仲間外れにされ無視された。

と表示されます。

【Python入門】関数定義と引数

次に引数についてみていきましょう。

例題5をご覧ください。

#例題5

def anger(musi):
    print(musi)
   
anger('仲間外れにされ無視された。')

例題5も実行すると

仲間外れにされ無視された。

と表示されます。

例題5では

def anger(musi):

と、まずdefを使ってanger()という関数を定義していますが、
今回は()内にmusiという変数が入っていますね。

このmusiが引数です。

それから

anger('仲間外れにされ無視された。')

となっていますが、
anger()という関数が呼び出され、
先ほどのmusiという引数に
‘仲間外れにされ無視された。’が入ります。

なので

    print(musi)

によってmusiに入っている『仲間外れにされ無視された。』
が表示されるようになるわけですね。

pythonを学ぶならこちらの動画講座がおすすめです

Python 3 入門 + 応用 +アメリカのシリコンバレー流コードスタイルを学び、実践的なアプリ開発の準備をする

かなり長い講座名ですね。
わかりにくそうな感じがします。

ですが、pythonの基礎からしっかりとわかりやすく教えてくれます。

また、きれいなコードを書くための方法についても
教えてくれるので、周りが「どうやってそんなコードを書いてるの?」
とびっくりされるようになるかもしれません。

それからWebアプリケーション開発の基本的なテクニックについても
教えてくれます。

なので、pythonを使ってwebアプリケーションを作ってみようと
思っている方にもおすすめです。

値段は時期によって違います。

詳しくはこちらをご覧ください。


みんなのAI講座 ゼロからPythonで学ぶ人工知能と機械学習

この講座ではまずpythonの基礎を学びます。
次に人工知能について学んでいきます。

そして最終的にはpythonを使って文字認識や株価分析ができるような技術力が身につくようになっています。

単純に教科書的なpythonを学ぶのではなく
仕事でも使えるスキルを身につけたい方におすすめの講座です。

なのに値段は恐ろしいほど安いです。
時期によって値段は変動するので
詳しくはこちらをご覧ください。


Pythonで機械学習:scikit-learnで学ぶ識別入門

この動画講座は広島大学准教授の先生が担当しています。
機械学習が専門の先生です。

すごく深い知識が身につきます。
大学の先生の講義って難しそうってイメージがあるかもしれません。

でもそんなことはありません。
すごくわかりやすいです。

pythonで機械学習のスキルを身につけたい方におすすめです。
値段は時期によって違いますが、かなり、良心的な価格になっています。

詳しくはこちらをご覧ください。

関連記事

ページ上部へ戻る