Pythonの変数宣言で注意すべきこと

python 変数宣言

この記事ではPythonnの変数宣言について解説します。

以下の記事はPycharmを使っています。
まだインストールしていない方は
コチラをご覧ください。

Pycharmの使い方について知りたい方はこちらをご覧ください。

まず以下を入力してみてください。

num = 91
name ='Python入門ドットコム'
print(num)
print(name)

実行すると以下のようになります。

python 変数宣言

ちなみに変数とは
上記のnameやnumみたいな文字を使って
その中に一定期間データを記憶させるようにしたものをいいます。

スポンサードリンク




Pythonでよく使う変数宣言とは?

Pythonでよく使う変数宣言とは変数を作ることを言います。

たとえば

num = 91
name ='Python入門ドットコム'
print(num)
print(name)

でいうところの

num = 91
name ='Python入門ドットコム'

の部分。

変数を作っているので変数宣言になりますね。

スポンサードリンク




Python独特の変数宣言とは?

たとえば他のプログラミング言語だったら

var int = 91
var str name ='Python入門ドットコム'

と変数宣言をすることがあります。

でもPythonの場合にはいちいち『var』とか
『var str』を使いません

Pythonだったら

num = 91
name ='Python入門ドットコム'

でOKです。

『var』とか『var str』を使わなくても『num』とか『name』などで
宣言した時点でPythonなら自動的に認識してくれます。

なので、他のプログラミング言語より
Pythonのほうが使い勝手がよいですね。

実際に、Pythonだと自動でint型とかstr型とか
認識しているのかどうか、確認する方法があります。

以下入力してみてください。

num = 91
name ='Python入門ドットコム'
print(num, type(num))
print(name, type(name))

すると

pythonは自動で認識する

上記画像の赤枠内をご覧ください。

こんな感じでnumはintでnameはstrと自動的に
認識してくれていますね。
Pythonは偉いですね(苦笑)

とにかく、Pythonで仕事していて
「これ、何型かな?」とよくわからない場合には
上記のように入力して確認してみてくださいね。

ちなみに

print(name, type(name))

上記のtypeの部分をtype関数といいます。

スポンサードリンク




python変数宣言で知っておくべきint型とstr型とは?

さきほど、intとかstrという文字が登場しましたね。
これはそれぞれ、int型、str型といいます。

int型とは?

int型は変数の一種です。
ちなみに変数とはデータを入れておく容器のことです。

変数という容器の中にデータを入れておくわけですが
int型の場合には、整数を入れるというルールになっています。

「じゃ、整数って何?」という方もいるかもしれません。

整数とはマイナスも0おプラスも含むけど、小数や分数は含まない数のことです。

たとえば―15とか0とか20001は整数です。

でも、3.5は小数なので整数ではありません。

なのでint型という変数の容器に入れられるのは
-5とか0とか100といった整数ということになります。

したがって先ほどの

num = 91

はint型ということになります。

pythonでは他のプログラミング言語と違って
int型と記載しなくても、勝手に認識してくれる
んでしたね。

str型とは?

str型は正確にはString型といいます。

int型と同様、変数の一種です。

ただstr型の場合には整数ではなくて文字を入れます。

String型【変数の型】とは

変数(プログラミングにおけるデータを入れておく箱)の種類のひとつ
であり

「その箱には文字列(文字の集まり)を入れて良いよ」な決まりのこと
です。

なので先ほど、

name ='Python入門ドットコム'

と文字を入れたわけですね。

とにかくpythonの場合には勝手に
string型と認識してくれるので
楽でいいですね。



pythonの変数宣言で問題をだします

ここで問題です。

以下のような場合、どう認識されるでしょう?

num = 91
name ='Python入門ドットコム'

num = name

ここの部分が問題ですね。

num = name

答えとしては
pythonの場合、勝手にstring型と認識してくれます。

pythonの変数宣言でよく使う型変換とは?

以下入力してみてください。

num = 91
name ='5963'
new_num = int(name)
print(new_num, type(new_num))

結果はこうなります。

型変換

new_numはint型で5963と表示されます。
つまり整数となったわけですね。

でも最初、nameという変数に入れたときには
‘5963’とやったので文字列(string型)だったわけですね。

これがint型に型が変換されたわけですね。
こういうのを型変換といいます。

どうしてpythonだとこういうことをするのでしょう?

たとえば

print 91 + "5963"

といった感じで、91という整数と”5963″という文字列をくっつけると
タイプエラーが発生してしまうんです。

だからさっきみたいな感じで

num = 91
name ='5963'
new_num = int(name)
print(new_num, type(new_num))

と型変換をすることになります。

pythonは自動的に型変換をしてくれないということを
覚えておいてくださいね。

python変数宣言の注意点

1num = 91
num1 =91

pythonでは

『1num』といった感じで最初に数字が入った変数宣言はできません。

逆に『num1』といった感じで
文字のあとに数字を入れることは可能です。

それから

for = 'こんにちは'
if = 'さようなら'

pythonでは『if』とか『for』は
あらかじめ用途が決まっています。

なので、変数宣言として
『num』と同等の扱いで『if』とか『for』を
使うことはできません。

エラーの原因になってしまいます。

python変数宣言まとめ

pythonでは

num = 91
name ='5963'

といった感じで変数を宣言する前に
int型だとかstring型だと宣言しなくていいわけです。

楽といえば楽なんですが
プログラムのバグにつながることもあります。

でも逆にいうと、勝手にpythonが判断してくれるので、入力したり考えたりする手間が省けます。
だから、プログラムの開発がしやすくなるというメリットがあります。

pythonを学ぶならこちらの動画講座がおすすめです

Python 3 入門 + 応用 +アメリカのシリコンバレー流コードスタイルを学び、実践的なアプリ開発の準備をする

かなり長い講座名ですね。
わかりにくそうな感じがします。

ですが、pythonの基礎からしっかりとわかりやすく教えてくれます。

また、きれいなコードを書くための方法についても
教えてくれるので、周りが「どうやってそんなコードを書いてるの?」
とびっくりされるようになるかもしれません。

それからWebアプリケーション開発の基本的なテクニックについても
教えてくれます。

なので、pythonを使ってwebアプリケーションを作ってみようと
思っている方にもおすすめです。

値段は時期によって違います。

詳しくはこちらをご覧ください。


みんなのAI講座 ゼロからPythonで学ぶ人工知能と機械学習

この講座ではまずpythonの基礎を学びます。
次に人工知能について学んでいきます。

そして最終的にはpythonを使って文字認識や株価分析ができるような技術力が身につくようになっています。

単純に教科書的なpythonを学ぶのではなく
仕事でも使えるスキルを身につけたい方におすすめの講座です。

なのに値段は恐ろしいほど安いです。
時期によって値段は変動するので
詳しくはこちらをご覧ください。


Pythonで機械学習:scikit-learnで学ぶ識別入門

この動画講座は広島大学准教授の先生が担当しています。
機械学習が専門の先生です。

すごく深い知識が身につきます。
大学の先生の講義って難しそうってイメージがあるかもしれません。

でもそんなことはありません。
すごくわかりやすいです。

pythonで機械学習のスキルを身につけたい方におすすめです。
値段は時期によって違いますが、かなり、良心的な価格になっています。

詳しくはこちらをご覧ください。

関連記事

ページ上部へ戻る