【Python】演算子まとめ

python 演算子

この記事ではPythonで使う

・代入演算子
・比較演算子
・論理演算子
・三項演算子

についてまとめてみました。

一般的な計算については
こちらの記事で詳しく解説していますので
ご覧ください。

スポンサードリンク




【Python入門】代入演算子まとめ

代入演算子

代入演算子は『=(イコール)』を使って
値を代入して行う演算子のことです。

ちなみに演算子とは『+』とか『-』などの
計算を意味する記号のことをいいます。

なので、代入演算子ということは
『=』は必須で、他に『+』とか『%』などの
演算子が必ず登場することになります。

それでは例題をやっていきましょう。
まずは大原則からです。

#例題1
c = 966
print(c)

=の左側に変数cがあって
=の右側に数字の966があります。

実行すると、=の右側の数字966が
=の左側の変数cに代入されます。

そしてprintで変数cに代入された966という数字を
表示させます。

結果はこのように966と表示されましたね。

代入演算子

こんな感じで代入が関係する演算子を代入演算子といって
代表的な代入演算子が『=』です。

「代入って何?」
と疑問に感じてしまった方は
こちらの記事をご覧ください。
【Python入門】変数の代入についてわかりやすく解説

代入演算子には
単純な『=』以外にも以下のものがあります。

代入演算子1.足して代入する+=

#例題2

a = 100
b = 30

a += b
print(a)

例題2で、+=は
aの値(100)にbの値(30)を足して
そのあと、変数aに代入するという意味です。

なのでprint(a)とすることで
変数aに入った100+30=130という値が
表示されるわけですね。

したがって答えは130となります。

代入演算子

代入演算子2.引いて代入する-=

#例題3

a = 100
b = 30

a -= b
print(a)

例題3では『-=』という代入演算子を使っています。
-=はa(100)からb(30)を引いて70になった状態で
aに代入するという意味です。

したがって実行すると70が表示されます。

代入演算子

代入演算子3.かけてから代入する*=

#例題4

a = 100
b = 30

a *= b
print(a)

*=は変数a(100)と変数b(30)を掛け算して
その結果(3000)をaに代入する代入演算子です。

なので実行すると3000と表示されます。

代入演算子かけるイコール

代入演算子4.割ってから代入する/=(小数でる)

#例題5

a = 100
b = 30

a /= b
print(a)

/=はa(100)をb(30)で割って
その答えをaに代入する代入演算子です。

小数も表示されます。

代入演算子

代入演算子5.割ってから代入する//=(整数になる)

#例題6

a = 100
b = 30

a //= b
print(a)

割り算をして小数を出したくない場合には
//=を使いましょう。

例題5との違いは例題5では/=と/が一つでした。
例題6は//=と/が2つついていますね。

//と/を2つつけることで
割り切れない答えでも整数で表示されるようになります。

代入演算子整数のみ

代入演算子6.余りのみを代入する%=

#例題7

a = 100
b = 30

a %= b
print(a)

100÷30=3あまり10ですね。

なので%=を使うと
余りの10をaに代入することになります。

したがって例題7を実行すると10と表示されます。

代入演算子

代入演算子6.べき乗を代入する**=

#例題7

a = 10
b = 3

a **= b
print(a)

べき乗とは「何乗」という意味です。
要するに例題7では
10の3乗をaに代入するという意味になります。

こんな感じで**=とすることで
10の3乗=1000と計算してaに代入することができるわけですね。

実行すると

べき乗計算

となります。

以上が代入演算子です。

続いて比較演算子について説明します。

スポンサードリンク




【Python入門】比較演算子まとめ

比較演算子とは2つの値を比較して
得られた結果に対して真か偽か返すものをいいます。

真の場合は『True』、偽の場合は『False』となります。

真とか偽について詳しく知りたい方は
こちらの記事をご覧ください。

比較演算子1.大きいか小さいか

比較演算子として大きいか小さいかを表現するときには
>とか<を使います。

これを=を使って変数に代入します。

実際に例題をやってみたほうがわかりやすいと思うので
チャレンジしてみましょう。

#例題8

a = 30; b = 28
c = a &lt; b
print(c)

まず、比較演算子としてよく使われるのが
大きいか、小さいかです。

c = a &lt; b

というのは
aが30でbが28。

実際は30>28なので、aの方が大きいわけです。

だから30>28ですから、a>bだったらTrueとなります。

でも、

c = a &lt; b

となっているので間違い(False)となります。

このFalseという結果がcに代入されるので
実行すると、Falaseと表示されるわけですね。

比較演算子

比較演算子2.以上、以下

以上というのはその数字をと同じか、
その数字より大きい場合を指します。

たとえば、29という数字があった時に
29以上というなら、29,30,31,32,・・・10000,100001
と29を含んだ数がTrueとなります。

これに対して以下というのは
その数字と同じか、その数字より小さい場合を指します。

たとえば50という数字があったら
50,49,48,47,・・・10,9,
と50を含む数字が当てはまります。

で、以上、以下をPythonで表すなら
<=,>=を使います。

それでは例題8をやっていきましょう。

#例題8

a = 30; b = 28
c = a &gt;= b
print(c)

30と28を比べたら30の方が大きいですね。
で、30 >= 28は正しいのでTrueとなります。

#例題9

a = 30; b = 30
c = a &gt;= b
print(c)

では例題9はどうでしょう?
これもTrueですね。

30 >= 30
なら30以上ということで30を含むのでTrueとなります。

比較演算子

比較演算子3.等しいか等しくないか

aとbが等しい場合は『==』、
aとbが等しくない場合は『!=』で表します。

例題を見たほうが早いので
やっていきましょう。

#例題10 

a = 30; b = 30
c = a == b
print(c)

aが30、bが30で等しいです。

そして

c = a == b

a == b
とaとbが等しいとなっていて
合っているので、実行するとTrueとなります。

True

#例題11

a = 30; b = 31
c = a != b
print(c)

例題11は頭が混乱するかも知れません。

aが30でbが31なので等しくありません。

そして

c = a != b

aとbは等しくないと
cに代入しました。

実際にaとbは等しくないわけなので
実行するとTrueになります。

比較演算子

#例題12

a = 30; b = 30
c = a != b
print(c)

例題12は

aが30でbも30なので等しいです。

でも、

c = a != b

比較演算子ではaとbは等しくないとなっています。
なので実際と比較演算子が合ってないので
実行するとFalseが返ってきます。

False

以上で比較演算子まとめは終わりです。

次に論理演算子をやっていきましょう。

スポンサードリンク




【Python入門】論理演算子まとめ

論理演算子とはどんな演算子なのでしょう?

たとえば、『20より大きく、かつ、35より小さい』とか
『aが20と等しい、又はbが30と等しい』と言った感じで
2つの条件をくっつける演算子のことを論理演算子といいます。

Pythonで使う論理演算子には

・and
・or
・not

の3種類があります。

論理演算子1.and

まずandからいきましょう。

たとえば

a and b

ってあったときに、
aとbが両方とも真(True)だったら
結果もTrueになります。

でもaは真でもbが偽なら結果はFalseとなります。
またaは偽で、bが真でも結果はFalseとなります。

もちろんaが偽でbが偽でもFalseとなります。

では例題13をやっていきましょう。

#例題13(andは両者とも満たすとTrueになります)

a = 19.8
b = 20.8
c = a > 20 and b >20
print(c)

例題13ではaが偽です。
19.8は20より小さいのに
a(19.8) > 20
となっているからです。

bは真です。

でもaが偽である以上
実行するとFalseとなります。

論理演算子and

では例題14はTrueでしょうか
それともFalseでしょうか?

#例題14(andは両者とも満たすとTrueになります)

a = 19.8
b = 20.8
c = a < 20 and b >20
print(c)

a(19.8) < 20 で真ですね。 b(20.8) > 20
で真ですね。

andを使っているわけですが
a,b両者とも真なので実行するとTrueとなります。

論理演算子and

論理演算子2.or

次、orをやっていきましょう。

たとえば、
a or bの場合、
aかbどちらか1つでも真なら
結果はTrueとなります。

たとえば
aが真、bが偽なら
andの場合にはFalseですが
orだったらTrueとなります。

aが偽、bが真でもorならTrueとなります。

aが偽、bが偽の場合だけ
結果はFalseとなります。

そういった意味ではorはandよりも
Trueになり条件が緩い論理演算式になりますね。

#例題15(orはどちらか一つでも真ならTrueになります)

a = 19.8
b = 20.8
c = a > 20 or b >20
print(c)

例題15はaは偽です。
bは真です。

aが偽でもbが真なのでorならTrueとなります。

論理演算子or

#例題16(orはどちらか一つでも真ならTrueになります)

a = 19.8
b = 20.8
c = a > 20 or b <20
print(c)

例題16はaもbも偽です。

a(19.8) は20より小さいので偽
b(20.8)が20より大きいので偽です。

a,b両者とも偽なのでさすがのorでも
実行するとFalseとなります。

論理演算子or

論理演算子3.not

notは否定を表します。

たとえばnot a
となっていたら、
aが真ならFalseとなり
aが偽ならTrueとなります。

個人的な覚え方ですが、
notは天の邪鬼(あまのじゃく)演算子と覚えています。

#例題17(notはaが真ならFalse、偽ならTrue)

a = 19.8

c = not a == 20
print(c)

例題17はaが19.8なのに、
a == 20(aは20と等しい)となっています。
なので、aは偽です。

でも、notがついているので
実行するとTrueとなります。

ややこしいですね。

論理演算子not

#例題18(notはaが真ならFalse、偽ならTrue)

a = 19.8

c = not a == 19.8
print(c)

例題18はaが19.8で
a == 19.8となっているので真です。

notの場合には真はFalseなので
実行するとFalseとなります。

論理演算子not

次に三項演算子について学習していきましょう。



【Python入門】三項演算子まとめ

三項演算子とは3つの項目を使って処理する演算子のことです。

実際に例題をやってみた方が理解が早いと思います。
なので、さっそく例題をやってみましょう。

回転寿司

#例題19(三項演算子)

okane =200

sushi = "kappamaki" if okane < 300 else "toro"
print(sushi)

この部分が三項演算子の肝の部分です。

sushi = "kappamaki" if okane < 300 else "toro"

回転寿司を想像してくださいね。

okane(お金)を200(円)持っています。
そしてもしお金が300未満ならkappamaki(かっぱ巻き)を
そうでない(300円以上)ならtoro(トロ)が表示されます。

お金を200(円)しか持ってないので
実行するとkappamaki(かっぱ巻き)と表示されます。

三項演算子

こんな感じで使う

sushi = "kappamaki" if okane < 300 else "toro"

演算子を三項演算子といいます。

別の言い方をすると
条件の判定結果によって値(toro,kappamaki)を
選択することができるものを三項演算
子といいます。

Pythonで使う演算子まとめ

演算子まとめ

Pythonで使う演算子には

・代入演算子
・比較演算子
・論理演算子
・三項演算子

があります。

「複雑でよくわからないよ」
という方、もう一度、復習していただけると
少しずつわかってくると思いますよ。

以上で演算子のまとめを終わります。

pythonを学ぶならこちらの動画講座がおすすめです

Python 3 入門 + 応用 +アメリカのシリコンバレー流コードスタイルを学び、実践的なアプリ開発の準備をする

かなり長い講座名ですね。
わかりにくそうな感じがします。

ですが、pythonの基礎からしっかりとわかりやすく教えてくれます。

また、きれいなコードを書くための方法についても
教えてくれるので、周りが「どうやってそんなコードを書いてるの?」
とびっくりされるようになるかもしれません。

それからWebアプリケーション開発の基本的なテクニックについても
教えてくれます。

なので、pythonを使ってwebアプリケーションを作ってみようと
思っている方にもおすすめです。

値段は時期によって違います。

詳しくはこちらをご覧ください。


みんなのAI講座 ゼロからPythonで学ぶ人工知能と機械学習

この講座ではまずpythonの基礎を学びます。
次に人工知能について学んでいきます。

そして最終的にはpythonを使って文字認識や株価分析ができるような技術力が身につくようになっています。

単純に教科書的なpythonを学ぶのではなく
仕事でも使えるスキルを身につけたい方におすすめの講座です。

なのに値段は恐ろしいほど安いです。
時期によって値段は変動するので
詳しくはこちらをご覧ください。


Pythonで機械学習:scikit-learnで学ぶ識別入門

この動画講座は広島大学准教授の先生が担当しています。
機械学習が専門の先生です。

すごく深い知識が身につきます。
大学の先生の講義って難しそうってイメージがあるかもしれません。

でもそんなことはありません。
すごくわかりやすいです。

pythonで機械学習のスキルを身につけたい方におすすめです。
値段は時期によって違いますが、かなり、良心的な価格になっています。

詳しくはこちらをご覧ください。

関連記事

ページ上部へ戻る